【アルテム 型破りな心理学者】カウンセリング内容と要約

アルテム型破りな心理学者のイメージ

2020年3月からU-NEXTで独占配信されたロシアの心理学サスペンスドラマ
【アルテム〜型破りな心理学者〜】

ひそかに評価が高いので視聴。

Ads by Google
制作年2018年
主人公アルテム・ストレレツキー
職業心理学者

主人公となる心理学者アルテムは「挑発的な心理療法」と評されるものの,たった数回のカウンセリングで問題を根本から解決します。

時間に追われるビジネスマンにとっては嬉しい療法です。

「挑発的」と聞くと不信に思いますが、

心理学者アルテムは言動こそ皮肉たっぷりなものの、内面には人としての温かみをしっかり備えています

現代社会で頑なになってしまう人の心を次々と解きほぐしていき,回を重ねるごとに彼の人間性が表れます。

患者をトラウマから開放していくシーンでは,アルテムの温かさに思わず涙することも。

診察はかなり適当に見えたりしますが全ては心理的アプローチによる誘導であり、鋭い洞察と分析で責任をもって患者の治療に臨んでいる様子が描かれていきます。

カウンセリング内容「第一話」

そもそもカウンセリング自体、守秘義務があることから診療内容が気になるという方も多いと思います。

そこで、気になる第一話の患者との対話形式を要約しました。

>> 対話形式を飛ばす
Ads by Google

アルテム〜型破りな心理学者〜
「第1話 自傷行為の理由」

アルテム型破りな心理学者のイメージ

第一話のカウンセリング内容(要約)です。

患者名:イワン(成人男性)

(診察室入口)

イワン:予約した者です

アルテム:イワンか?

イワン:はい

アルテム:診察費は?

イワン:(診察費としてお金を渡す)・・・。

アルテム:コーヒーでも?

イワン:はい

アルテム:インドのいい紅茶があるけど、飲むかい?

イワン:・・・はい

アルテム:こちらへ
(イワンを診察部屋へ案内する)

アルテム:そのベッドに座って
(自分だけ診察部屋のイスに座り、おもむろにテレビ中継を見ながらイワンに語る)

イワン:(ベッドに座ろうとする)・・・。

アルテム:いや イスを持ってきて

イワン:(イスを取りに移動する)・・・。

アルテム:バカ!どこにいく!?
(テレビのサッカー中継に対して発言する)

イワン:(とっさに反応する)・・・!

アルテム:いや、君のことじゃなく

イワン:(再び動いてイスを持ってくる)・・・。

アルテム:やっぱりベッドに座って

イワン:どこに座ってもいいでしょ・・・!
(持ってきたイスに座る)

アルテム:話してごらん 何があった?

イワン:(自傷行為で傷つけた腹をみせる)

アルテム:その傷は自分で?

イワン:はい

アルテム:よくやる?

イワン:ここ4年くらいの間よくやってます

アルテム:理由は?

イワン:不明です 衝動を抑えようとしてもできません

アルテム:そうか 登録済みか?

イワン:何に?

アルテム:病院で縫ってもらったんだろ?

イワン:兄嫁が医師なので助けてくれます

アルテム:美人か?

イワン:今 何と?

アルテム:普通かそれとも—

イワン:とてもきれいです

アルテム:君は彼女と—

イワン:何て? なぜそんな・・・質問がおかしい

アルテム:おい 何でペナルティーなんだ(おもむろにテレビ中継に向かって)

イワン:・・・あなたじゃダメだ この診察はキャンセルします

アルテム:支払い済みだ

イワン:(診察室から出る)・・・。

アルテム:待てよ 急にどうしたんだ 助けてやるから

イワン:方法は?

アルテム:精神科医の方法さ 死にたい時は泣け

イワン:イヤです

アルテム:それが唯一の方法だ

イワン:なぜ?

アルテム:君は弱虫だからだ 紅茶を勧めたらそっちに変えただろ

イワン:それが礼儀でしょ

アルテム:部屋を行き来させても 金を取っても抵抗しない 自分の望みが分からないと自力で戦えない 矯正施設で男にヤられるぞ

イワン:(腹が立ちアルテムに殴りかかる)・・・!

アルテム:何をする!助けたいのに

イワン:訴えてやる 兄は弁護士だ
(出口へ歩く)

—(いちど別れたイワンアルテム)—

イワンが自傷行為に及ぶたび、医師である兄嫁のディアナが介抱していました。

あるとき、イワンと兄嫁のディアナの浮気現場を目撃します。

の行為にイワンが自傷の衝動に駆られ、助けを求めるため心理学者アルテムへ電話をかけます。

—(アルテムを電話で呼び出す患者イワン)—

アルテム:緊急事態?

イワン:気分が悪い 自分を切りつけたい・・・

アルテム:行こうか
(外へ連れ出すアルテム)

イワン:我慢できない 今にも切りそう・・・

アルテム:じゃあ切れ

イワン:・・・何て?

アルテム:自傷行為はストレスに対して身に着く反応だ 問題に直面したときに身体的な痛みに集中してストレスに勝つ そして、絆創膏ばんそうこうでも貼っておけ 明日 俺の所に来い

イワン:本当に切りたいんだ 死ぬぞ
(その場に転がっていたビール瓶を割るイワン)

アルテム:度胸がないからさっさと切れない 瓶じゃなくホチキスにしとけ

—(割れたビール瓶を足に叩きつけ大出血するイワン)—

イワン:助けて

アルテム:何で?

イワン:頼む・・・

アルテム:自分の決断だろ 3分でサヨナラできる

イワン:助けて・・・

—(どこからともなくアルテムの助手が登場する)—

アルテムの助手:傷を抑えて サークルで青年救命士に教わったんだ(イワンを介抱する)

イワン:まだ生きたい・・・

—(搬送された病院)—

アルテムの助手:調子はどう?

イワン:・・・ありがとう どうも

アルテム:気分は?

イワン:正常だ

—(イワンの兄とその婚約者ディアナが現れる)—

ディアナ:どう?

イワン:大丈夫

イワンの兄:そこのあんたが原因だよな訴えてやる
(アルテムに向かって)

アルテム:どうぞ

イワン:僕は訴えない

イワンの兄:死にかけたんだぞ 擁護ようごの余地はない

イワン:僕は分かった

イワンの兄:何が分かった?

イワン:僕は弱虫だ

イワンの兄:結構なことだ

イワン:あの浮気女と兄貴の関係を早くディアナに話すべきだった

ディアナ:何のこと?

イワン:ディアナ 君に黙っているのが苦しくて自分を切りつけた そうすれば君が来てくれると知ってたんだ それが目的だった

イワンの兄:ついに言ったな

イワン:ディアナ 愛してる 一緒にいてほしい

イワンの兄:バカな

イワン:酔ってはいない 復讐したいからでもない 兄貴じゃダメだ

イワンの兄:このクソめ(イワンを殴りつける)

アルテム:おい 落ち着け

—(大乱闘が始まるなか、ディアナはその場を静かに立ち去る)

—(事が落ち着き)

アルテム:ディアナは兄貴の元を去ったが君と結ばれるか分からない

イワン:分かってる すべて僕次第です 不思議な心理療法だ でも効果がある ディアナに告白できるとはね あなたは僕を変えた ビクビクするのは疲れた

アルテム:何かを変えたければ 本気で怒れ

イワン:今晩のことも心理療法の一環でしょ

アルテム:そうだ

イワン:どうぞ(診療費を払うイワン)それでは行きますね

アルテム:元気で

イワン:ありがとう じゃあね

どうやら、患者イワンの兄はディアナという女性と婚約していながら浮気をしていたそうです。

このことをイワンは知っていましたが、ディアナに言えずにいたことがストレスとなり自傷行為の原因となりました。

正常であれば自傷行為まで至らないはずですが、イワンはディアナを愛していたため、かえって強いストレスとなっていたのでしょうね。

第1話に登場する患者についてはざっくりこんな感じです。

他にも魅力的な登場人物のエピソードが横に展開していきます。

アルテム・ストレレツキーの家族関係

アルテムの父親も精神科医としてカウンセリングを行なっていますが、親子関係はかなり複雑です。(母親は亡くなっている)

さらに、アルテムには妹がいます。

妹に言い寄る男に対しては読心術を用いて引き離します。(あと脅迫も)

妹の方は自身のことに許可なく行動する兄に対して嫌悪感をもっていますが、次第にアルテムの正しさや愛を感じるといったところでしょうか。

Ads by Google

アルテムの治療方法はアリなの??

妹思いの兄でもあり、たった数日のカウンセリングで根っこから問題解決して人を救っていく心理学者アルテム。

「えっ、こんな治療は認められるの?危険じゃない?」

といった声もドラマエピソードにて取り上げられています。

「アルテムの療法はおかしい」と訴えが出ると委員会での審査が行われます。

会話内容は概ね以下の通りです。

役員A:アルテム・ストレレツキー氏の療法が危険かを見極める。我々は患者から聴取を行いましたが、結論として彼の療法に危険性は見られません

アルテム:そのとおりです。公の場での性行為を勧めたり小屋に閉じ込めて燃やしたりしましたがね

役員B:正しい療法だったと?

アルテム:もちろんです。問題も解決しました

役員C:患者が救われてるなら議論は不要でしょう

元クライアント:ある患者の拒食症を彼はすぐに突き止めたんです

役員D:治療には特定の方法や時間が必要です。だが 彼は結局のところ—

役員E:論点の基準は治療法に効果があるかです

元クライアント:ええ 彼の方法は効果がありました

役員D:この療法は患者だけでなく彼自身にも危険が—

役員E:心理学自体が危険だと?

(以下省略)

Ads by Google

省略した理由は2点

  1. 同じく心理学者である父親との因縁
  2. アルテムは過去に患者を自殺に追い込んだ容疑をかけられ仮釈放の身である

続きはこれらの要素が絡まるためすべて説明すると膨大な記事になりそうなのでこのあたりで。

とはいえここまでお読み下さった方は心理学に関心アリだと思いますので、オススメできる作品です。

アルテム型破りな心理学者のイメージ

【アルテム 型破りな心理学者】
U-NEXTで全話独占配信

とにかくクールなエリート心理学者アルテム

挑発的で皮肉たっぷりなカウンセリングですが、芯が強くヒトとしての温かみをしっかり内に秘めています。

現代社会で頑なになってしまう人の心を解きほぐし次々と患者をトラウマから開放していくシーンでは、アルテムの温かさに思わず涙してしまうでしょう。