フェイク情報は拡散が速い!?フェイク情報のメカニズム|行動心理

IT技術の発達、5Gが到来し動画コンテンツが勢いを上げる一方で、CGや音声合成による偽装動画は、実物(ホンモノ)との差異を感じさせないほど、偽物(フェイク)のクオリティを上げてきている。

誤った情報デマにより、傷つく人や命が失われる社会問題、当然あってはならないことだ。

メキシコでは、”フェイク情報が発信され、2時間後に民事暴動が起こる” という事例がある。

デマ情報の発信から、わずか2時間で暴動が起きる、驚異のスピードだと言えるのではないだろうか。

この事例について、フェイクのメカニズムを研究するマサチューセッツ工科大学シナン・アラル教授が「フェイク情報は拡散が速い傾向にある」と答えている。

フェイク情報による事件に対し、
フェイク情報は拡散が速い傾向にある」ことについて、アラル教授は答えている。

フェイク情報は拡散される傾向が早いことを表したグラフ

シナン・アラル教授の研究の結果では、フェイク情報は事実に比べ、20倍も早く、人々に届くことが突き止められた。

とくに拡散されやすいのが “負の感情” に訴えるフェイク情報だという。

「驚き,嫌悪感,怒りといった感情」は、すぐに人々を「拡散」という行動に突き動かしてしまう傾向があることがわかったのだ。

IT技術の進歩と同時に、社会問題も岐路を広げる現代。

いかにフェイク情報に気付き対処できるか、情報化社会に一人一人の責任が問われていく。

Books
Ads by Google
\ シェアメッセージ・Shareする /
Jfruits