【あまりにも自然な誘惑】霊的成長の本『C・Sルイス:悪魔の手紙』とは(内容紹介)

CSルイス著作「悪魔の手紙」について

CSルイス著作『悪魔の手紙』について,

「C・Sルイス」といえば,無神論から有神論へ回心した人物で,英国の児童文学者であり,優れたキリスト教の弁証家でもあります。

なかでも彼の有名な作品は「ナルニア国物語」でしょう。
聞いたことはあるかもしれません。

この記事では,CSルイスがこだわりを持ち続けた定評本『悪魔の手紙』をご紹介します。

『悪魔の手紙』は「誘惑に打ち勝つ霊的書物」として扱われ,決して誘惑される本ではないです

内容としては叔父おじの悪魔がおいの新米悪魔に,人間を誘惑する方法を31通の手紙を通してアドバイスする」というものです。

Ads by Google

『悪魔の手紙』を読むコツ

『悪魔の手紙』は悪魔視点で書かれているため,読者は悪魔の発言を逆手にとって読んでいきます。

(あくまでも本書の)悪魔の言葉は言い換えれば,「神の御心」についてのヒントや,誘惑への対処法となります。

いかに日常に溶け込み,あらゆる誘惑をしているかが,かなりリアルに描かれています。

作中に表記される「敵」は三位一体である「神」を指しており,「彼」は「キリスト」,「彼ら」は「精霊」を指します。

また,本書にこのような説明が一切なされていないことが「この本は少し難しい」といわれる由縁でもあります。

『悪魔の手紙』を読む:ポイント

 悪魔側の視点で書かれている
(叔父から甥っ子への手紙形式)

  • 「敵」     =「神」
  • 「彼」     =「キリスト」
  • 「彼ら」    =「精霊」
  • 「やつら」   =「人間たち」
  • 「われわれ」 =「悪霊」
  • 「われらの父」=「サタン」
 

悪魔について人間の誤った認識

(まえがき)

はじめに,本書は読者に向けて,悪魔は嘘つきだと強く主張しています。

たとえば,可愛いなどと思ってはならず,グロテスクな存在だということを念頭におきましょう。

ここで,人間が悪魔について考えたとき,おちいりやすい誤りが2つ書かれています。

  1. 悪魔を全く信じない態度
  2. 悪魔に過度の不健全な関心を寄せる態度

「悪魔を全く信じない唯物論者」と「過度に不健全な関心をもつ人」を悪魔は歓迎していると注意があります。

参照:「悪魔の手紙」(まえがき)

【 内容紹介 】

『悪魔の手紙』の内容は,叔父の悪魔スクルーテイプが,甥っ子の悪魔ワームウッドへの手紙の内容をそのまま表記したものです。

設定としては,甥っ子は「新米悪魔」であること。

一人の人間に悪魔が「1:1」で誘惑を担当していることです。

さて,本文は全体で第1信〜第31信(手紙31通)まであり,合計136Pほどです。

実際に読んでみると雰囲気がわかると思いますので,今回は参考として「第1信」「第2信」「第3信」の内容を一部ピックアップして副題をつけて挙げています。

ピックアップ箇所は、人間に対する誘惑の働き方や、人間と神の性質や考え方についてです。

文中にある——(ダッシュ記号)は文脈に基本的遵守したもので,筆者による省略ではありません。(中村 妙子:訳)

ひとこと添えるとすると,『悪魔の手紙』の内容は「少し難しい」です。なので読了と理解に集中できるよう,見慣れない言葉にはルビと意味を追記しています。

本書は決してファンタジーに分類されて収まる本ではなく,現実に働く目に見えない力を描いています。

読み進んでいくと「これは誘惑だったのか。こんな経験あったかも。」と気付かされるような現実味がかなり高いです。

頭で理解するというより感覚で理解する次元かもしれません。

続きのページにて内容をご紹介です。