「なぜ教会は豪華な建物なの?」「十字架ってどんな意味?」

豪華な教会堂の建物の写真

どこの国でも共通して見られる建物といえば『教会』ですね。

外観のインパクトがかなり強いですね!

教会といえば、世界遺産に指定されたり、観光の名所としても有名です。

2018年、日本も、長崎県ながさきの教会堂が「世界文化遺産」に登録されましたね。

ところで、教会とはどういう建物かご存知でしょうか?

この記事では、

「なぜ教会は豪華な外観をしているの?」「十字架じゅうじかってどんな意味?」

といった、教会についての疑問を説明しています。

教会って、そもそも何なの・・・?

テレビや外出時にも、じつはよく見かけますね。

この記事では「教会」について、カンタンに解説しています。

Ads by Google

なぜ教会は豪華に建てられているの?

今もなお建築されるサグラダ・ファミリア教会

(建築に140年とされる2026年完成予定のサグラダ・ファミリア教会)

世界で初めて教会が建てられたのは、今から約1600年前になります。

なぜ、ここまで大きく、豪華ごうかに建てられているのでしょうか?

1.「神様のために建てるから豪華にしている」

教会に行く方たちが信じる書物(聖書せいしょ)には、「教会は立派に建てなさい」と書かれていません。

そのため、人々の、神様への想いが込められています。

2.神様を感覚的に理解できるように設計されている

「神様は目に見えないので、よくわからない」。

そういった人たちに、教会の見栄みばえや空間によって、神様を感覚的に理解できるように設計されています。

こうしたことが、教会の外観や内観を豪華にしている理由なのです。

それにしても建築費けんちくひが高そうですねぇ・・・。

建築費は裕福ゆうふくではない人たちのお金も含まれています。

一人一人が神様に大きな価値を持たれていることが分かりますね。

「多くの人の熱い想いで建てられている」

そう思うと、なんだか感極まりますね・・・。

Ads by Google

なぜステンドグラスがあるの?

教会の窓にあるステンドグラスとステンドグラスに日光が反射して鮮やかに映る床

教会を鮮やかにするステンドグラス。反射した床が綺麗ですね。

ステンドグラスについて

ステンドグラスは、日光が反射して綺麗キレイに見えるよう作られています。

自然の日光が「光でもある神様」をあらわし、訪れる人に、まるで天国を思わせるような表現が工夫されています。

ステンドグラスは主にまどかざられており、素材そざいは着色した「ガラス」を使われていますが、なかには「宝石ほうせき」を使用しているものもあります。

ステンドグラスは、5世紀(401~500年)頃に作られた破片はへん原型げんけいが見つかっています。

このことから、ステンドグラスはふか歴史れきしを感じさせる芸術げいじゅつ作品です。

ステンドグラスは自然な日光で、きれいに見えるのですね!

ステンドグラスにカラフルなものが多い理由は、「虹」が神様からのメッセージの1つとされているからです。

 

絵も描かれていますね!

ステンドグラスに絵が描かれているのは、「文字が読めない人たちに、見るだけで神様のお話がわかるようにしたい」と思ったからですね。

多くの人に神様のことをわかりやすく伝えて、
人々の幸せを願う意味が込められていたのですね。

なぜ十字架はあるの?どういう意味?

教会に十字架がある理由

教会の十字架じゅうじかは、ある出来事「十字架じゅうじかけい」に関連しています。

そして「十字架の刑」によって、神様が行われた出来事を、教会の十字架は意味しています

「十字架の刑とは」

人間を十字架(二本の木材を交差にしたもの)に張りつけて、人へのせものにしながら、時間をかけてに至らせる刑罰のことです。
 

十字架の刑とは、人間が作った悲しい出来事なのです。

・・・人間が考えたなんて、おそろしいですね。

教会の十字架は「十字架の刑」をつくるような、人間つみふかを表しています。

つぎに教会の十字架は、そのような人間の罪をなくしてしまう「神様の行い」を意味しています。

十字架によって神様が行われた出来事

教会のイラスト

はるか昔から、人間は神様にささげものをする習慣がありました。

神様はその習慣を用いて、すべての人間のつみをなくす計画けいかくをします。

全ての人間の罪をなくす方法はただ1つ、「まったく罪のない人間を捧げる」ことでした。

神様は自分の子どもを世に誕生させ、「十字架の刑」によってささげました。

神様の子は、一度もつみおかさず人生を生き、自ら十字架によって捧げられたのです。

こうして、神様はすべての人間にんげんつみをなかったことにしました。

 

じゃあ、神様の子どもはんでしまったの…?

神様の子どもは、
人間のせものにされながら死にいたりました。

でも、それから3日後には復活し、目には見えないけど、今も生きているんだって。不思議だよね。

 

・・・よくわからないけど、
神様はなぜ、そんなことをするの?

神様は、自分より大切なものを犠牲ぎせいにするほど、
人間へのが深いと言われています。

 

そうなんだね。

なぜ、わざわざ「十字架」なの・・・?

神様の子は、この世の全てのいたみを受けることが使命しめいにありました。

「十字架の刑」もそのうちのひとつだよ。

 

つまり、どういうこと?

神の子は、あらゆるいたみや侮辱ぶじょくを(自分から進んで)受けました。

このことによって、神様は「すべての人の痛みがわかる存在」であることをすべての人に示したことになるよね。

・・・人の痛みは、その痛みを経験した人しかわからないもんね。

 

神様の計画は、ただ目的たすだけではなくて、「神様は存在するよ」という自己PRもふくむ計画だったんだよ。

そういうことだったんだね。

教会の十字架は「十字架の刑を作るような人間の罪深つみぶか」と「人間のつみをなくした神様の出来事」を表していたんだね。

 

そもそも教会は建物ではない!?

教会では聖書を大切にしています

教会に行かれる人たちは「聖書せいしょ」という書物を大事にし、聖書の内容を大切にしています。

じつは聖書には、教会という言葉が、建物のことを指している箇所が1つもありません

つまり「教会」とは、建物のことをしていないことになります。

えー、そうだったの〜。

みんな間違って口にしてるのかな?
どう呼ぶのがいいのかな。

それでも教会と聞くと、十字架がある建物をイメージしますよね。
世間浸透しんとうした呼び方はわりません

・・・しいていうと、建物たてもののみをす場合は「教会堂」かな。

「教会」と「教会堂」

  • 教会きょうかい = コミュニティを指す
  • 教会堂きょうかいどう = 建物たてもののみを指す場合

教会は建物というより、本来の意味はコミュニティが近いです。

「Oh My God …!」は何か関係しているの?

「oh my god」と叫ぶ女性

Oh My Godオーマイガー は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。

Oh My God は、日本語に直訳すると「おお…、かみよ…!(なんてこった!)」というように、おどろきやよろこびをはじめ様々な感情表現に使われています。

god を ガッ(ド) と発音するんだね。

だから「オーマイガー」って聞こえるんだ。

日本では「god」を「ゴッド」と表記したり発音されることが多いですね。


しかし、Oh My God と発言することを好まない人もいます。

その人たちが信じる聖書には、「神様の名前をむやみに口にすることはよくない」と書かれてあり、 god の発言をタブーに感じてしまうからです。

そうした理由で、発言するときは相手と場の雰囲気を意識して、良いコミュニケーションに繋げましょう。

会話していて「オカシイな…?」と思ったら「sorry」と言ってみよう。

聖書には「基本的に寛容かんようであること」とも書かれているので、
ほんとに神様を大切にしている人は気にしないはずですよ。

教会について、日本人はあまり知られないテーマに思いますが、現地の人とのコミュニケーションにも繋がるので話題としてもおすすめです。