「教会はなぜ豪華な建物なの?」「十字架ってどんな意味?」

Ads by Google
豪華な外観をしている教会堂のイメージ

どこの国でも共通して見られる建物といえば教会ですよね。

外観のインパクトがとても大きいです!

教会といえば世界遺産に指定されたり、観光の名所としても有名ですね。
2018年には日本も、長崎県ながさきの教会堂が「世界文化遺産」に登録されました。

ところで、教会とはどういう建物かご存知でしょうか?この記事では、次のような教会の疑問について解説しています。

教会への疑問
  1. 教会はなぜ豪華な外観をしているの?
  2. 十字架ってどんな意味?

教会って、そもそも何なの・・・?

教会はテレビや外出時にも、よく見かけますね。

この記事では「教会」について、あっさりカンタンに解説しています。

Ads by Google

教会はなぜ豪華に建てられているの?

今もなお建築されるサグラダ・ファミリア教会

(建築に140年かかり、2026年完成予定とされるサグラダ・ファミリア教会のイメージ)

世界で初めて教会が建てられたのは、今から約1600年前になります。
なぜ、ここまで大きく豪華ごうかに建てられているのでしょうか?

教会が豪華に建てられている理由
  1. 神様のために建てるから豪華にしている
  2. 神様を感覚的に理解できるように設計されている

1.神様のために建てるから豪華にしている

教会に行く人たちが信じる書物(聖書せいしょ)には、「教会は立派に建てなさい」と書かれていません。
よって、人々から寄せられた神様への想いが込められているのです。

2.神様を感覚的に理解できるように設計されている

「神様は目に見えないのでよくわからない…」
そういった人たちに教会の見栄みばえや空間によって、神様を感覚的に理解できるように設計されています。

こうしたことが教会の外観や内観を豪華にしている理由なのですね。

それにしても建築費けんちくひが高そう…。

建築費は裕福ゆうふくではない人たちのお金も含まれています。

一人一人が神様に大きな価値を持たれていることが分かりますね。

多くの人の熱い想いで建てられていると思うと、なんだか感極まりますね…!

なぜ教会にはステンドグラスがあるの?

教会の窓にあるステンドグラスとステンドグラスに日光が反射して鮮やかに映る床

(教会を鮮やかにするステンドグラス)

反射した床が綺麗ですね。

ステンドグラスの特徴

ステンドグラスは日光が反射して綺麗キレイに見えるよう作られています。
自然の光が「光でもある神様」をあらわし、訪れる人にまるで天国を思わせるような表現が工夫されているのです。

ステンドグラスは主にまどかざられており、素材そざいは「着色したガラス」が使われています。(なかには宝石ほうせきを使用しているものも)

5世紀(401~500年)頃に破片はへん原型げんけいが見つかっていることから、ステンドグラスはふか歴史れきしを感じさせる芸術げいじゅつ作品なのです。

ステンドグラスは自然な日光でキレイに見えるのですね。

時間帯によって見え方が変わるのも魅力ですね。
カラフルなステンドグラスが多い理由は、にじが神様からのメッセージとされているからですよ。

大きな絵も迫力がありますね!

絵が描かれている理由は、「文字を読めない人たちが絵を見ただけで神様の物語を理解できるように」と工夫されているからですね。

多くの人に神様のことをわかりやすく伝えて、
人々の幸せを願う意味が込められていたのですね。

なぜ教会に十字架があるの?どういう意味?

教会に十字架がある理由

教会の十字架じゅうじかは、「十字架のけい」によって神様が行われた出来事を意味しています。

十字架の刑とは?

人間を十字架(二本の木材を交差にしたもの)に張りつけて、人へのせものにしながら時間をかけてに至らせる残酷な刑罰のこと。

十字架の刑は人間が作った悲しい出来事なのですね。

「十字架の刑」を考えるような人間つみふか
そのことを教会の十字架は意味していますね。

次に教会の十字架は、そのような人間の罪をなくしてしまう「神様の行い」も意味しています。

十字架によって神様が行われた出来事

教会のイラスト

はるか昔から、人間は神様にささげものをする習慣がありました。
神様はその習慣を用いて、すべての人間のつみをなくす計画けいかくをします。
すべての人間の罪をなくす方法はただ1つ、「まったく罪のない人間をささげる」ことでした。

神様は自身の子どもを地上に誕生たんじょうさせ、「十字架の刑」によってささげました。
神様の子は人類で唯一ゆいいつ罪をおかさず、使命をまっとうするため自ら十字架によって捧げられたのです。
こうして、神様はすべての人間にんげんつみをなかったことにしました。

神様の子どもはんでしまったの…?

神様の子どもは人間のせものにされながら死にいたりました。しかし、それから3日後には復活したのです。

目には見えない形で今も生きているようですよ。不思議ですね。

不思議ですね。
なぜ神様はそんなことをするの?

神様は自分より大切なものを犠牲ぎせいにするほど、
人間へのが深いと言われているからですね。

愛、ムズかしい〜。

でも、なぜわざわざ「十字架の刑」を受けたのだろう。

神の子は、この世の全てのいたみを受けることが使命しめいにあって、「十字架の刑」もそのうちのひとつだったのですね。

んー、つまりどういうこと?

神様の子はみずから進み出て、世の中のあらゆるいたみや侮辱ぶじょくを受けました。

このことによって、神様はすべての人の痛みがわかる存在であることを示したのですね。

人の痛みは、その痛みを経験した人にしか分からないもんね…。

神様の計画はただ目的たすだけじゃなくて、「神様は存在するんだよ」という自己PRもふくんでいたのです。

なるほど!
(少しムズかしかったかも…)

【まとめ】教会の十字架が表しているもの
  1. 十字架の刑を考えるような人間の罪深つみぶか
  2. 人間のつみをなくした神様の出来事

(他にも諸説あります)

Ads by Google

そもそも「教会」は建物ではない!?

教会では聖書を大切にしています

教会に行かれる人たちは「聖書せいしょ」という書物を大事にし、その内容を大切にしています。

じつは聖書には、教会という言葉が建物のことを指している箇所が1つもありません。つまり、「教会」とは建物のことをしていないことになるのです。

それでも教会と聞くと、十字架がある建物をイメージします。

ん?みんな間違って口にしてるのかな??どう呼ぶのがいいんだろう。

世間浸透しんとうした呼び方はなかなかわらないでしょうね。

しいていうと、建物たてもののみをす場合は「教会堂」かな。

教会と教会堂
  • 教会 =神様を信じている人たちのコミュニティを指す
  • 教会堂=建物のみを指す

教会は建物というより、本来の意味は「神様を信じている人たちのコミュニティ」なのですね。

神様を信じている人たちが集まった場所が教会になります。

つまり、どこに集まってもそこが教会になるのですね。

【豆情報】「Oh My God …!」は何か関係しているの?

「oh my god」と叫ぶ女性

Oh My Godオーマイガー は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。

Oh My God は日本語に直訳すると「おお、かみよ…!(なんてことだ!)」といったように、おどろきやよろこびをはじめ様々な感情表現に使われます。

海外ではgodをゴッドではなく「ガッド」と発音するから「オーマイガー」って聞こえるんだね。

日本ではgodを「ゴッド」と表記したり発音されることが多いですね。

しかし、「Oh My God」と発言することを好まない人もいます。聖書には「神様の名前をむやみに口にすることはよくない」と書かれてあり、 god の発言をタブーに感じてしまうからです。

相手と場の雰囲気を意識したコミュニケーションが大切ですね。

»コミュニケーションに役立つ本【まとめ】

会話していて「オカシイな…?」と思ったら「sorry」と言ってみましょう。

聖書には「基本的に寛容かんようであること」とも書かれているので、ほんとに神様を大切にしている人は気にしないはずですよ。

おわりに

教会について、日本人はあまり知られないテーマに思いますが、海外(キリスト教圏)では一般教養でもあり、話題としても役立つ知識ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

キリスト教
Ads by Google
Jfruits