【3分でジャンヌ・ダルク】「神の声、直近でしょうか?」(500年前)

ジャンヌ・ダルクについて

ジャンヌ・ダルク(1412-1431)は,神の啓示を受けたのち,わずか17歳でフランス軍に従軍し,百年戦争の重要な局面に勝利をもたらした英雄です。

Ads by Google
POINT「ジャンヌダルク」
  • 「神の声」を聴き,フランスを救った英雄
  • 19歳という若さで亡くなる
  • たった2年で歴史に名を残し、死後500年後に「聖人」とされる

この記事では,ジャンヌ・ダルクの生涯を簡潔にまとめています。

Ads by Google

ジャンヌ・ダルクの生涯

生い立ち・神の声を聴く

ジャンヌ・ダルクの少女時代の姿を描いたイラスト

ジャンヌダルク(1412-1431)
フランス出身
身長1m58cm程
農夫の娘として生まれる。(5人の兄弟姉妹)

1424年,12歳のときジャンヌ・ダルクは「神の声」を聴きます。

「イングランド軍へ勝利し,ある人物をフランス王位に就かせること」と声を聴き,そのとき目にした天使や聖人のあまりの美しさに,姿が見えなくなるとジャンヌは泣き崩れました。

「神の声」について,初めは周囲の人から嘲笑されますが,ある戦争の結末を予言したことで,周囲の信用を得ることになります。

ジャンヌ・ダルクの戦場

ジャンヌ・ダルクは剣を振るよりも旗を持ち,旗手として兵士の士気を上げる役割を果たしたとされています。

戦略家・指揮官として軍の兵士から尊敬を受けていました。

(戦場に出ている以上,首に矢が刺さったり,投石器の石に命中したりと負傷の経験があります)

捕虜となる

戦後,ジャンヌ・ダルクは捕虜となり,捕らえられてしまいます。

当時は普通,身内となるフランス国が身代金を払い,身柄が引き渡されるところですが,フランス国王は交渉に関与しませんでした。

ジャンヌは身内であるフランス国に裏切られ,その後ジャンヌの身柄を引き取ったのは,当時,敵対していたイングランド国でした。

ジャンヌは自らによる発言や予言の主張によって,キリスト教の異端者とされ,証拠や法的根拠もないまま異端審問(裁判)にかけられます。

ジャンヌの正当性

ジャンヌは「謙遜,純潔,誠実で良きキリスト教徒」であることを審議の際に宣言されています。

しかし,尋問では,ジャンヌは弁護士にも認められず,発言も全て不利に働くように仕組まれました。

文字の読み書きができないジャンヌは,文書の内容が分からないまま,公式記録からすり替えられた別の宣誓供述書に署名させられてしまいました。

※宣誓供述書・・・書かれた事実に対し同意を求める文書。

「自分は異端である」と無理やり署名させられ,ジャンヌは火刑により命を落としました。

1456年(死後25年),検察官とジャンヌの母の要請で復権裁判が行われ,ジャンヌの無罪が宣告されました。

Ads by Google

おわりに

ジャンヌ・ダルクの生涯(まとめ)

  1. 神の声を聴く
  2. フランス軍に従事、勝利を収める
  3. フランス国に裏切られ、19歳という若さで亡くなる。

ジャンヌ・ダルクは死後5世紀に渡って,現代の研究対象となりました。これほど長い期間,研究に当てられる歴史上の人物はなかなかいません。

「神の声」が本当なら,約500年前,神が人間に声をかけた直近の歴史といえるでしょうね。