アダムvsゼウス「…えっ?」終末のワルキューレ|キリスト教と比較

Ads by Google

(原作:梅村真也、構成:フクイタクミ、作画:アジチカ)

人気コミック「終末のワルキューレ」
2021年にはアニメ化が決定され、ますます注目が集まる作品ですね!

ところで、作中に登場する「アダム」は旧約聖書の人物ですが、「終末のワルキューレ」は多神教の世界観。

果たして、作中のアダムは聖書に忠実に描かれているのでしょうか・・・!

この記事では、コミック「終末のワルキューレ」がキリスト教の価値観を正しく参照されているかどうかに注目しています。

それでは早速、「終末のワルキューレ」とキリスト教の価値観で比較できるポイントをまとめてみました。

(結論)

 
終末のワルキューレ
聖書
なぜ人と神が試合?過去に起こした人類への大洪水。それ以外で滅ぼす方法として試合形式を取った。過去に人類は大洪水で多く滅びた。神は同じような洪水を二度と起こさないと約束された。(試合は無し)
善悪の知識の実=リンゴ?善悪の知識の実をリンゴとして描かれている善悪の知識の実が何であるかは不明
アダムは神を憎んでいた?憎んでいる憎んでいない
(イヴ)
禁断の果実の件
イヴは蛇から濡れ衣を着させられた(口にしていない)イヴは蛇に誘惑されて禁断の果実を口にした
アダムが禁断の果実を口にしたキッカケ楽園追放が決まったイヴのそばにいたいから食べる蛇に誘惑されたイヴが手に持つ禁断の果実を渡されて食べる

詳細を順に見ていきたいと思います!

Ads by Google

「終末のワルキューレ」とは?【キリスト教と比較】

「終末のワルキューレ」とは、人類VS神々の闘いを描いたバトルコミックです。連載開始から話題を呼び、発売直後から品薄が続くほどの人気作品。
累計発行部数は500万部を突破し、2021年にはテレビアニメ化が決定しました。

Ads by Google

終末のワルキューレ(物語の背景)

キリスト教視点で終末のワルキューレ(物語の背景イメージ)
(物語の背景)

あるとき、神々による会議が開かれ一つの提案が挙げられる。
それは、人類と神々が1:1形式で闘い、存亡を賭ける試合を行うというものであった——。

なぜ人と神が試合を?原因はノアの洪水か

コミック「終末のワルキューレ」では設定として、人類は一度ノアの洪水の件があったことを踏まえて、「神は別の方法(試合)で人類に終末を与える」という描写がなされています。

【キリスト教的に見る】

聖書では、「神はノアの洪水を二度と起こさないと約束された」とあります。(参照:創世記9:12-16)

「神は再び大洪水を起こさない方」という描写は、じつは神性を表しているのですよ。
(神性=神の性質)

つまりこのシーンは、キリスト教的(聖書的)な世界観に基づいているのですね!

「人類vs神々」開始(アダムは二回戦から)

キリスト教視点で終末のワルキューレ(「人類VS神々」試合会場のイメージ)

(引用:youtube.com)

さて、「人類VS神々」による試合が始まることになりました。神々に対して圧倒的に不利な人類ですが、どうやら秘策があるようです。

そして開幕の一回戦は、戦国武将「呂布」VS雷神「トール」。どちらもパワータイプのキャラクターとしてぶつかり合いました。


» 終末のワルキューレ1巻

(※本記事では「聖書的に描かれているか」に着目するため結末は省略)

それでは二回戦、原初の人類「アダム」VS神々の王「ゼウス」の試合です。

Ads by Google

【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」登場するアダム

【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」登場するアダム

二回戦は、全人類の父「アダム」VSギリシャ神話より神々の王「ゼウス」。
「終末のワルキューレ」においても屈指の名試合です。

それでは本題!
「終末のワルキューレ」に登場するアダムを聖書と照らし合わせていきます!

【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」アダム登場!

キリスト教視点で終末のワルキューレ(アダムのイラスト)

(参照:終末のワルキューレ3巻©アジチカ・梅村真也・フクイタクミ)

禁断の果実としてリンゴを手に持ち登場した「アダム」。

【キリスト教的に見る】

禁断の果実をリンゴとして描かれる作品はよく見られますよね。

しかし聖書には、善悪の知識の実がリンゴだとは記されていません。いったいどのようなものだったか、実際のところは不明とされています。

人気漫画の「DEATH NOTE」やApple社のマークにもリンゴが描かれていますよね。

Ads by Google

【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」アダムVSゼウス

試合に登場したアダムに対して、圧倒的なスペックを誇るゼウスです。

バトルマンガとして描かれる「終末のワルキューレには、特殊な能力を持つキャラクターが次々と登場します。

それでは、アダムの能力を見ていきましょう!

【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」アダムの能力

バトルコミック「終末のワルキューレ」で描かれるアダムの能力は「神虚視かみうつし」というものです。

「神は御自分にかたどって人を創造された」(創世記1:27)と聖書にあることから、「神の形にかたどられたアダムは神が繰り出す技をコピーできる」という能力が作中に描かれています。

【キリスト教的に視る】

「神は御自分にかたどって人を創造された」
と、旧約聖書の創世記1章27節にありますよね。

「アダムの能力」漫画への落とし込みですが、上手く聖書を参照されているように思えますね。

コミックで聖句が登場していましたね。良いんじゃないでしょうか。

【キリスト教と比較】アダムの回想

キリスト教視点で終末のワルキューレ(反撃に出るアダムのイメージ)

(参照:終末のワルキューレ3巻©アジチカ・梅村真也・フクイタクミ)

試合の最中、ここからアダムの回想シーンへ入ります。

「終末のワルキューレ」では、旧約聖書「創世記」における楽園での出来事がコミックオリジナルで描かれています。

ここでは聖書と比較するポイントを3つに絞りました。

【キリスト教的に見る】

「終末のワルキューレ」と「聖書」を比較

  1. アダムは神を憎んでいたの?
  2. イヴは濡れ衣を着せられたの?
  3. アダムが禁断の果実を口にしたキッカケは?

結論、これらはすべて聖書とは異なり、「コミックオリジナルの内容」で描かれています。

 
終末のワルキューレ
聖書
アダムは神を憎んでいる?憎んでいる憎んでいない
イヴと禁断の果実の件蛇から濡れ衣を着させられた(口にしていない)蛇に誘惑されて禁断の果実を口にした
アダムが禁断の果実を口にしたキッカケ楽園追放が決まったイヴのそばにいたいから食べる蛇に誘惑されたイヴが手に持つ禁断の果実を渡されて食べる

冒頭にあった表ですね。

それぞれポイントを見ていきましょうか。

アダムは神を憎んでいる?

コミック「終末のワルキューレ」では、アダムの強さの理由が「神々への憎しみ」と描かれています。
しかし聖書には、アダムが神に対して憎しみを抱いている記述はありません。

つまりコミックオリジナルの描写です。

イヴは濡れ衣を着せられたの?

コミック「終末のワルキューレ」では、「禁断の果実を口にした蛇がイヴに濡れ衣を着せた」とあります。
一方で聖書には、蛇の誘惑によってイヴが善悪の知識の実を口にしています。

こちらもコミックオリジナルの描写です。

参照:旧約聖書「創世記」3章6節

イヴは「終末のワルキューレ」において、禁断の果実を口にしていないように描かれていますが、聖書では禁断の果実を口にしていますね。

どちらも「蛇絡み」ですがね。

アダムが禁断の果実を口にしたキッカケは?

アダムが禁断の果実を口にしたキッカケをコミック「終末のワルキューレ」では、次のように描写されています。

「アダムは、蛇に濡れ衣を着せられて楽園追放となったイヴのそばにいられるように、自ら禁断の果実を口にして、自身も楽園から追放されることを選んだ」

  • 聖書
    →アダムは蛇に誘惑されたイヴから渡された禁断の果実を口にした
  • 終末のワルキューレ
    →アダムは楽園追放となったイヴと共にいるために禁断の果実を口にした

参照:旧約聖書「創世記」3章6節

ここは聖書と異なるシーンですかね。

「終末のワルキューレ」・・・ロマンチックなんだな…。

(おわりに)【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」

(おわりに)【キリスト教と比較】「終末のワルキューレ」アダムvsゼウス

コミック「終末のワルキューレ」はオリジナルの世界観で描かれていますが、聖書を正しく参照されているシーンもありました。

聖書の内容がメディアで露出されると、神様を思い返すキッカケになりますよね。

ええ、迷える羊には助かりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

今回は終末のワルキューレがキリスト教の価値観を正しく参照されているかどうかに注目しました。
(コミック1〜3巻までを参照)


» 1巻を読む

» 2巻を読む

» 3巻を読む
物語が最初から楽しめます。第一試合「呂布VS雷神トール」前半戦まで第一試合「呂布VS雷神トール」決着、続いて「アダムVSゼウス」後半戦まで「アダムVSゼウス」決着、続いて第三試合「佐々木小次郎vsポセイドン」まで