【要約まとめ】なぜか話しかけたくなる人ならない人|有川真由美著作本

Ads by Google

2020年9月に発売された有川真由美さん著作「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」。
こちらの本では、話しかけたくなる人の特徴が紹介されています。

» 「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」

「話しかけたくなる人」には、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

話しかけやすい人にあるメリット
  1. 出会いが増える
  2. 情報が増える
  3. 仲間が増える
  4. 居場所が増える
  5. 誤解されにくくなる
  6. 仕事の評価が良くなる
  7. 自己肯定感が高まる

参照:「なぜか話しかけたくなる人ならない人」

このように多くのメリットが見られます。

話しかけやすさって、生まれつきの魅力とかじゃないの?

「話しかけたくなる印象は誰でも身につけられる」と、書籍「話しかけたくなる人ならない人」では述べられていますよ。

さて、話しかけたくなる人の特徴といえば、「容姿が良い、優秀、明るい」といったイメージが浮かびますよね。

ところが話しかけやすさは、「容姿、優秀さ、明るさ」とは異なる特徴があるのです。

たとえば見ず知らずのパーティに参加したとき、自分が一番始めに声をかける人は、容姿が良くて優秀な人よりも話しかけやすそうな人に意識が向きますよね。

それでは、話しかけやすさについて述べている書籍「なぜか話しかけたくなる人ならない人」のポイントを見ていきましょう。

Ads by Google
Ads by Google

【なぜか話しかけたくなる人ならない人】話しかけたくならない印象とは

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が指摘するよく見落としてしまう人のイメージ

人は主観的に生きる傾向にあるため、客観的に自分を見落としてしまうことがあります。

そこでまずは注意点として、話しかけたくならない原因が何かを見ていきましょう。

Ads by Google

参照:「なぜか話しかけたくなる人ならない人」

話しかけたくならない原因①「話しかけないでほしい印象を与えている」

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が指摘する話しかけないで欲しい印象のイメージ

話しかけたくならない印象を与える原因は、「目線」にあります。

目線を合わせるか合わせないかで話しかけやすさの印象が異なってくるのです。

目線の向きは、意識が「人に向いているか」もしくは「自分に向いているか」によって左右され、話しかけたくなる人かどうかの印象が決まります。

ポイント

外の景色や相手(自分の外側)を見ているときに話しかけたくなる印象が表れます。また、相手をじっと見るのも好感的です。

一方、相手に目線を合わせないようにすると話しかけたくならない印象を与えます。

話しかけたくならない原因②「なんだか怖そうな印象を与えている」

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が指摘する無表情のイメージ

「怖そうな人だ」と印象を与えてしまう正体は、「無表情」にあります。また、批判やハッキリとした宣言、辛口な言葉を使う様子も怖そうな印象を与えてしまいます。

怖そうな印象をもたれないようにするために、表情は何でもいいので作っておくと良いでしょう。

それでは次は、「話しかけたくなる人に共通する手法」を紹介します。
どの手法も相手に好印象を与えるものです。

参照:「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」

【なぜか話しかけたくなる人ならない人】話しかけたくなる人の共通手法

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」のポイント話しかけたくなる人に共通する手法のイメージ

それでは、話しかけたくなる印象を持つ人に共通している手法を見ていきましょう。

話しかけたくなる手法によって、相手は「自分の事を理解してくれそう」「どこから見ても怖くない人だ」といった好印象を与える効果があり、『感情力、丁寧力、肯定力』が紹介されています。

Ads by Google
話しかけたくなる人の手法

参照:「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」

それでは、手法①〜③の要約です。

話しかけたくなる人の手法①「感情力」

「感情力」のポイントは2つです。

事柄より感情に寄り添う

話しかけたくなる人の特徴は「相手の感情に寄り添っている」ことです。

例となる対話があります。

例えば、次のように話しかけられたとしましょう。

「仕事でミスして上司にしかられそう。どうしよう不安だよ」

このあとの会話は返答によって変わります。
ここで注目すべき分岐点は2つ。

  1. 相手の感情に寄り添っている
  2. 話の事柄に集中している

の2つです。
結論を言うと、話しかけたくなる人は相手の感情に寄り添っている特徴があります。

話しかけたくなる人→「相手の感情に寄り添っている」

「仕事でミスして上司にしかられそう。どうしよう不安だよ」
→ 「不安だよね。同じ立場なら私だって不安になるよ」

話の事柄に集中した返答

「仕事でミスして上司にしかられそう。どうしよう不安だよ」
→ 「上司っていつもそうだよね。上司は、(略)」

会話の流れが変化していますね。

「話の事柄に集中する」と上司の話が続いてしまいますが、「相手の感情に寄り添う」と、相手の感情を中心とした話ができます。

話しかけたくなる印象を持っている人は、相手の感情を意識して会話していたことがわかりますね。
相手の感情に寄り添うと、相手は「話を聞いてくれて嬉しい、この人は理解してくれる」と感じやすいのです。

ポイント

もし話の事柄に集中してしまった場合は、相手の感情に注目して、会話を方向転換させると良いでしょう。

人は論理的に考えますが、感情的な生き物です。
したがって、相手の感情に意識を向けると好印象に繋がります。

自分も感情を伝える

自分の感情をうまく伝えることも話しかけたくなる印象を生みます。

「あなたとお話ができて私は嬉しいです」

この言葉を言われてイヤな思いをする人はいないですよね。

Ads by Google

話しかけたくなる人の手法②「丁寧力」

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の手法その2丁寧力のイメージ

話しかけたくなる人の手法②は「丁寧力」です。

丁寧さは、話しかけたくなる印象を周囲に与えたり、また人が集まる傾向をもっています。

丁寧力が生まれる方法は、丁寧でポジティブな言葉を穏やかに話す(またはゆっくり話す)ことです。

逆に、攻撃的な発言や暴言は話しかけづらい印象を与えます。一時的には人の関心を集めるかもしれませんが、長期的に見ても良い傾向にはありません。

参照:「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」

話しかけたくなる人の手法③「肯定力」

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の手法その3肯定力のイメージ

話しかけたくなる人の手法③は「肯定力」です。

話しかけたくなる人の特徴には、「否定や批判をせずに相手の発言を肯定する」があります。

それでは、「批判的な言い方」と「肯定的な言い方」を見てみましょう。

(例) 相手の意見に賛同できないときの言い方

批判的な言い方

→「あなたの意見は間違いでしょう。私はA案だと思います」

肯定的な言い方

→「あなたの意見はわかりました。しかし、私が理解できていない部分もありますので、この件は一度持ち帰ります」

このように、自分の意見を出したいときは、解釈を変えたり言い換えをすることで、相手との摩擦が生じにくくなります。

続いて、話しかけたくなる印象を下げてしまう注意点を押さえておきましょう。

Ads by Google

【なぜか話しかけたくなる人ならない人】印象を下げる落とし穴

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が指摘する意外な落とし穴のイメージ

書籍「なぜか話しかけたくなる人ならない人」では、話しかけたくなる印象をうっかり下げてしまう注意点が紹介されています。

参照:「なぜか話しかけたくなる人ならない人」

服装、ファッションのポイント

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が紹介する服装のポイントとして様々な色の服が並んでいるイメージ

話しかけたくなる服装のポイントは、清潔感とTPOです。

TPOとは?

「時間」「場所」「場合」に応じて服装や態度などを使い分けること。

TPO → Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)

話しかけたくなる印象のカラーについて(色)

ブルーグリーン爽やかな印象があるため、ファッションに取り入れると良い。
また、イエローピンク元気さや温かい印象があるため、アクセントに良い。

参照:「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」

色が与える印象はとても大きいです。たとえば、いつも赤色の服を着ている人がある日、青色の服を着ていると、「最近、何かあったかな?」と感じますよね。

なお、話しかけたくならない印象を与えるコーディネートは、威圧感や個性が突出しているファッションです。
個性的すぎるコーディネートの場合、「距離を置こう」という印象を相手に与えることがあります。

個性的もしくは威圧感のあるコーディネートをする理由は、自身の内にある弱さと恐怖が反映されていることにあります。
つまり、「自分自身が周りを怖がっている」ことになるのですね。

同世代の人で固まるのは控えること

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が指摘する同世代の人同士で話しているイメージ

人間関係において、「自分のことを理解してもらえないかも…」といった悩みは恐怖感を生みます。

そしてその恐怖感は、次の行動に移りやすくなります。

  • 「自分のことを理解してもらいやすい人とだけ関わる」
  • 「自分の内面にこもってしまう」

このような傾向にある人は、次のような自分のことを分かってもらえるようになるポイントを参考にするとよいでしょう。

自分のことをわかってもらえるポイント
  1. 人によって態度を変えない
  2. 年下からも教わるようにする
  3. 年上にはちょっとした相談をしていい
Ads by Google

「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」要約まとめ

話しかけたくなる印象は、誰でも身につけられることがわかりましたね。

そして最後に、書籍「なぜか話しかけたくなる人ならない人」では、話しかけたくなる人の最大の特徴が述べられています。

話しかけたくなる人の最大の特徴、それは「自分が話しかけること」です。

書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」が主張する「話している人が話しやすい人」であるイメージ

話しかけられるのを待つより、いろんな人へ話しかけている方が話しかけやすい印象を周りに与える

そのことが「話しかけたくなる人の最大の特徴」として紹介されていました。

それでは最後に、書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」の要約まとめです。

話しかけたくなる人のメリット
  1. 出会いが増える
  2. 情報が増える
  3. 仲間が増える
  4. 居場所が増える
  5. 誤解されにくくなる
  6. 仕事の評価が良くなる
  7. 自己肯定感が高まる
  1. 話しかけないでほしい印象を与えている
  2. なんだか怖そうな印象を与えている
  1. 服装、ファッションのポイント
  2. 同世代で固まるのは控える
自分のことをわかってもらえるポイント
  1. 人によって態度を変えない
  2. 年下からも教わるようにする
  3. 年上にはちょっとした相談を入れていい

以上、話しかけたくなる印象を身につけられる書籍「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」でした!