【繊細さんの知恵袋】よくある悩みと解決法のまとめ本|試し読み要約

Ads by Google
HSP専門カウンセラー武田友紀さん著作「繊細さんの知恵袋」の要約イメージ

HSP専門カウンセラー武田友紀さん著作「繊細さんの本」

そのシリーズ続編にあたる「繊細さんの知恵袋」の内容は、「繊細さんの本」の読者(138名)から寄せられた悩みとその対処法です。

つまり『繊細さんに共通した悩みのシチュエーションや対処方法』のまとめ本と言えます。

繊細さんに共通したシチュエーションですね。
例えば、「嫌なことは自分が我慢すれば解決する…」といった悩みが挙げられます。


» 「繊細さん」の知恵袋
Ads by Google

繊細さんに共通する悩み

書籍「繊細さんの知恵袋」が掲げる繊細さんが共通して悩みを抱えているイメージ

書籍「繊細さんの知恵袋」より、繊細さんに共通する悩みをピックアップしました。

Ads by Google

参照:「繊細さんの知恵袋」

断りにくいときの対処法

書籍「繊細さんの知恵袋」で紹介されている「断りにくいと感じる繊細さんの悩みと対処法」についてのイメージ

繊細さんに共通する悩み①は「断りにくい」ことです。

繊細さんは頼みや誘いを断りにくく、ついつい引き受けてしまう傾向があります。

対処法は、「断るときに返す言葉を決めておく」ことです。

そこで「繊細さんの知恵袋」より、「頼みごとや誘いの断り方」が参考になります。

頼みごとや誘いの断り方(パターン3つ)

相手の頼みごとを断るときのポイントは、こちらの都合も口にすることです。
「こちらの都合を口にすることは悪くない」という意識が重要となり、次の例が参考になります。

  1. 相手の都合を押し付けられそう
  2. 絶対に断りたい・・・!
  3. 誘いを断る返事がしづらい・・・

①相手の都合を押し付けられた場合

相手の都合を押し付けられた場合は、こちらの都合も相手に伝えると良いです。

「今は忙しいのですが、この日なら都合がつきます。いかがでしょうか?」
このように伝えると、お互い納得するところで話が落ち着きやすくなります。

先程のように、「今は忙しいのですが〜」は、頼みごとを断るときに便利な言葉です。

②絶対に断りたい場合

絶対に断りたい場合は、期間が空くように答えると良いでしょう。
「来月までスケジュールがいっぱいです」といったように伝えると、相手の要望やモチベーションが数ヶ月も続きにくいため効果的です。

③そもそも誘いを断る返事がしづらい場合

そもそも誘いを断るときはどうしても返答しにくいですよね。
そんなときに使いやすいフレーズが「その日はちょっと行けません」です。(明るめに伝えると○)

誘いの断りを言いやすくするポイントは、「理由を明確に言わなくていい」という考え方を持つことです。
また、断る時のNGワードが「また誘ってください」です。なるべく言わないようにすると、今後の誘いを回避しやすくなります。

Ads by Google

人に頼りにくいときの改善法

書籍「繊細さんの知恵袋」が紹介している「人に頼りにくい」と感じるときの悩みと対処法のイメージ

繊細さんに共通する悩み②は「人に頼りにくいとき」です。

そもそも頼ること自体がアクティブな行動であるため、繊細さんは人に頼りづらいと感じる傾向にあります。

そこで、頼りにくいときの改善法を「繊細さんの知恵袋」から2つピックアップしました。

自分だけが引き受けてしまう時の改善法

小さなことでもよく気が付く繊細さんは、人より多く働いてしまう傾向があり、頼まれていないことまで引き受けてしまうこともあります。

たとえば、「飲食席で気が付くと自分だけが他の人のお皿まで下げている」、「家庭で自分だけが家事をしている」などです。
また、人よりも気が付くことが多いために、何も気づかない人に対してイライラしてしまうことも。

もし自分の中でイライラを感じ始めたら、それは物事を引き受けすぎているサインです。

そこで、自分だけが引き受けてしまう時の改善法を3つ挙げます。

参照:繊細さんの知恵袋

自分だけが引き受けてしまう時の対処法①
「自分のしたいことをする」

自分だけが物事を引き受けすぎてイライラしたときは、次の手順を行うとストレスから解放されやすく効果的です。

  1. ひとまず手を止めて深呼吸
  2. 「本当は今、何をしたい?」と自分に問いかけてみる
  3. 今の自分が何をしたいかが分かれば、できる範囲で自分に叶えてあげる

参照:「繊細さんの本」

自分だけが引き受けてしまう時の改善法②
「作業をいったん放置する」

自分が担当している作業を放置すると、周りの人が代わりに行動し始めます。

その心理を利用して、「誰がどう行動するか」を覚えておくと自分への負担を軽くできるという方法です。

(例)「いつも自分が取り替えていた休憩室のゴミ箱。放置していたらAさんが取り替えてくれた。Aさんは取り替えてくれる人だったんだ」

「作業をいったん放置する」ことで周りの人を観察できたら、次の改善法もオススメです。

自分だけが引き受けてしまう時の改善法③
「分担意識を持つ」

他の人へ指示が出しづらいとき、ありますよね。

このときの解決法は、「指示をする意識」ではなく「役割分担する意識」を持つことです。

「指示」だと上下関係が生まれてしまいますが、「役割分担」ではお互いフラットな関係が保たれやすくなります。

Ads by Google

弱みを見せづらいときの改善法

書籍「繊細さんの知恵袋」が紹介している「弱みを見せづらい繊細さんの悩みと対処法」のイメージ

繊細さんに共通する悩み③は、「弱みを見せづらい」ことです。

繊細さんが弱みを見せづらい原因は、助けてくれる人がいない環境で育ったことが挙げられます。

かつて、「助けて」と発言したときに助けてくれる環境にいなかったため、不安が高まり、自己防衛のために常にアンテナを張って周りの空気を察知し、体力を消耗してしまうのです。

解決法は「繊細さんの知恵袋」より、著者の見解が参考になります。

  • 「助けてくれる人は現れるという感覚を味わってほしい」
  • 「助けてくれる人が現れたときに感じる自分の内側の変化を大切にする」
  • 「今まで育った環境では助けてもらえる状況はなかったかもしれない。しかし、世の中で見てみると助けてくれる状況は少なからずある」
  • 「助けを求めるときは、軽めに明るく伝えると相手にとって受け入れやすい印象を与える」

傷つきやすいときの改善法

書籍「繊細さんの知恵袋」が紹介する傷つきやすい繊細さんの悩みと対処法のイメージ

繊細さんに共通する悩み④は「傷つきやすい」ことです。

敏感なアンテナを持つ繊細さんは、対人関係や環境によって心が傷ついてしまう傾向にあります。

①相手の愚痴や不満を聞きすぎてしまう

繊細さんは人に深く共感してしまうため、相手の愚痴や不満を聞きすぎてしまう傾向にあります。

相手の意見を否定せず聞き上手に徹してしまうため、話し手は気分を良くしますが、繊細さんは一方的にどんどん話しかけられてしまいがちです。

解決法は、話を聞く時間を決めておくことです。
しかし繊細さんは情が移ることも多いため、ついつい話を聞いてしまうことがあります。

そこで「繊細さんの知恵袋」では、自分が疲労しないためにも、時間を区切るコツとして「アラーム設定」がオススメされています。

人の話を聞きすぎないようにアラームを設定する

予め、話し相手には次のように伝えると良いでしょう。

「このあと用事があって時間がないけど、30分なら話を聞けるよ?」
このように伝えてアラームを30分後に設定しておくと、相手も了承の範囲で収まるでしょう。

また、相手との話を確実に終わらせたいときは、共感をやめてアドバイス(指摘)をすると良いです。

  • 共感の場合→「共感してくれて嬉しい」
  • 指摘の場合→「指摘されたなぁ・・・」

基本的にヒトは指摘を嫌うからでしょうね。

②少しの指摘で落ち込んでしまう

繊細さんは相手の言葉やコメントなどによって、少しでも指摘があると落ち込みやすくなります。

解決法は、落ち込んだ自分の感情を肯定することです。
(決して傷ついた自分を否定しないこと)

また「繊細さんの知恵袋」では、相手の意見をに受けない捉え方が紹介されています。

相手の意見を真に受けない捉え方
  • 相手が本当のことを言っているとは限らない
  • 相手の言葉は相手自身に言い聞かせているだけの場合がある
Ads by Google

怒られている人を見ると苦しい

怒られている人がいると苦しい(そんなときの悩み解決)

映画や小説作品などには、感情を揺さぶられますよね。ヒトには共感性が備わっているからです。

なかでも繊細さんは共感性が高いため、自分の周りに怒られている人がいるだけで苦しく感じてしまいます。

解決法は、「きっとあの人なら大丈夫」と思いその場から離れて共感しないことです。
その理由は次の2つが挙げられています。

  • 怒られている人がどう感じているかは当人次第
  • 怒られている人のポテンシャルや強さを信じること

繊細さんによくあるQ&A

「繊細さんの知恵袋」から繊細さんによくあるQ&Aを表しているイメージ

「繊細さんの知恵袋」より、繊細さんによくある悩みをピックアップしました。

繊細さんによくある悩み「自信を持つにはどうしたらいい?」

「繊細さんの知恵袋」によると、自信を持つには自己肯定感と自己効力感を分けると良いようです。

自己効力感とは、自分には何ができて何のスキルがあるか、また自分の可能性を認知していることを指します。

自己肯定感≠自己効力感

ここでポイントは、そもそも自己肯定感と自己効力感は別物であるという考え方です。

例えば、自己効力感が低いと感じても自己肯定感まで下げる必要はありません。また、自分の技術面だけで自身を評価してはいけないということです。

もし誤って、自己肯定感と自己効力感が同じ意味だと履き違えてしまうと、歪んだ考えを持ってしまうことになるのです。
歪んだ考え何かを達成する自分の姿を見つけようとする考え方

(例)「私はダメな人間だから何かができるようになったら自分を認めてあげよう」

目標を達成できずに自己効力感が低いと感じても、自己肯定感は下げずにいることが大切です。

繊細さんによくある悩み「苦手な人と接するには?」

苦手な人と接するときに楽になれる解決法があります。

それは「相手を嫌いになってもいい」と考えることです。

共感力が高い繊細さんは、「周りの人と良い関係を築きたい」という気持ちが人一倍強い傾向にあります。しかしそのため、苦手な人に対して「この人は本当は悪い人ではない。イイところを見つけて仲良くしよう」と考えてしまうことがあるのです。

自分と合わない人がいるのは自然なことなので、全ての人を好きになろうとせず、「相手を嫌いになってもいいんだ」と自分を許すことが楽になれるポイントです。

苦手な人に会ったときは、挨拶はするけど自分からは話しかけず、いい事されたらお礼するくらいの距離感を保つと気持ちが楽になれます。

参照:「繊細さんの知恵袋」

Ads by Google

繊細さんによくある悩み「疲れているのに頭が冴えて眠れない」

疲れているのに頭がえて眠れない原因は、刺激過多にあります。

繊細さんは些細なことも無意識に感じとるため、刺激を受けすぎて容量オーバーになりやすいのです。

そこで解決方法は、「こまめに情報をはき出す」ことにあります。
それでは「繊細さんの知恵袋」から、情報をはき出すための行動をいくつか見てみましょう。

情報をはき出す行動
  • 話す、歌う
  • 落書きする
  • ノートなどに自分の気持ちを書き留めておく

情報をはき出す行動のなかでも「落書き」は、時間も場所も関係なく簡単にできます。

何かを描こうとせずに、ペンで紙の上にぐるぐると円を描くだけでも、体に溜まった刺激を外に出すことができるため非常に有効です。

参照:繊細さんの知恵袋

繊細さんによくある悩み「相手の表情から気持ちを汲み取りすぎてしまう」

繊細さんは相手の表情や仕草から「相手が今どんな気持ちでいるか」を敏感に察知してしまうため、疲れを溜めてしまいがちです。

そうしたときの解決方法は、相手との間に物を置くことです。たったこれだけで楽になれます。

置く物は何でもよく、どんなサイズでも良いです。(ティッシュボックスやペンなどでも)

「私とあなたは別の人間です」と意識して相手との間に物を置くと心理的な境界線が生まれ、相手の感情を受け取りすぎず楽になれます。

繊細さんによくある悩み「繊細さんはどんな職業がいいの?適職は?」

小さな問題点を察知し、相手の表情や仕草、体調の変化を敏感に察知する繊細さんは、どの分野でも高い能力を発揮できる可能性をもっています。

相手の気持ちに寄り添えるため、介護やカウンセラー、インストラクターなどの対人支援の仕事も向いています。また、問題点を深く考えていくという点で経営コンサルタントなどに向いている人もいます。

参照:繊細さんの知恵袋

(職業選択の関連記事)

【要約まとめ】「繊細さんの知恵袋」

「繊細さんの本」が出版されてから数年が経ち、「繊細さん」の認知度はますます広まりましたね。

テレワークが普及した現代では、物理的に人と距離が空いて「ホッとした」「楽になった」という繊細さんもいらっしゃるようです。

今回は、多く寄せられた「繊細さんあるある」の一部を紹介しました。参考になれば幸いです。

以上、「繊細さんによくある悩みと解決法」がまとめられた「繊細さんの知恵袋」でした。

過去記事はこちら「繊細さん」の本