【科学的な適職】幸せ度が最大に高まる仕事の見つけ方|要約まとめ

Ads by Google
科学的な適職の要約まとめイメージ

2019年12月に出版された書籍「科学的な適職」を要約すると、幸せ度が最大に高まる仕事の見つけ方といった見解が多いでしょう。

適職の定義を「幸せ度が最大にされる仕事」としており、決して稼ぐことだけが幸福ではないと主張しています。

したがって、適職は自分の幸福度に関わるため、「今仕事をしている人」や「これから仕事を始める人」にも、「自分の適職を知る事は重要ではないか?」とされています。

今回は「科学的な適職」のポイントを押さえていきたいと思います!

科学的な適職

Ads by Google

なぜ人は適職を求めるの?|科学的な適職

書籍「科学的な適職」で考えられる疑問「なぜ人は適職を求めるのか」を表すイメージ

なぜ人は適職を求めるのでしょう。

仕事を選べるようになれる「職業選択の自由」が認められたのは19世紀(1801~1900年)
約100年前と、最近になって職業選択の自由がもたらされていたのです。

しかし職業選択の幅が広がったことで、「どの職業が自分に適しているのか分からない」といった悩みを多くの現代人が抱えることになってしまいました。

「科学的な適職」では、「後悔していることは何か?」と聞いたアンケート結果があります。(高齢者を対象)
最も多かった答えは、「果たして自分がやっていた仕事は良かったのだろうか」という回答でした。

適職を見分ける能力は必要?

書籍「科学的な適職」の要約を参考にして適職を見分ける能力が必要かを表すイメージ

そもそも「適職を見分ける能力」は必要でしょうか。

その疑問に対して「科学的な適職」は、「ロールモデルの無い時代に突入しているから」と答えています。

ロールモデルとは?

自分にとって、考え方や行動の模範となる人物や思想のこと。
人は無意識に「あのようになりたい」とロールモデルを選び、そのモデルの影響を受けながら成長するとされます。

現代ではロールモデルはなくなりつつあり、社会の変化に適応することが求められる傾向にあるのです。

ロールモデルのない現代、適職を見分ける能力が必要だと「科学的な適職」は主張しています!

それでは適職を見分けるにはどうすればよいでしょうか。

仕事選びの幻想を捨てる|科学的な適職

書籍「科学的な適職」の要約内容を参考にして仕事選びの幻想を捨てるイメージ

適職を見つけるポイントは、仕事選びの幻想を捨てることです。

仕事選びにあたり、多くの人が仕事選びの幻想を抱いていると「科学的な適職」は指摘しています。

Ads by Google
仕事を選ぶときに捨てるべき7つの幻想

参照:「科学的な適職」

仕事選びのときに捨てるべき幻想
(その1)好きなことを仕事にする

書籍「科学的な適職」における仕事選びに捨てるべき幻想「好きなことを仕事にする」のイメージ

仕事選びのときに捨てるべき幻想①は、「好きなことを仕事にすること」です。

なぜなら、歴史に名を残す偉人や今に生きる著名人でさえ、自分が好きなことを仕事にしていないからです。

例えばスティーブ・ジョブスが挙げられます。

ジョブズは好きなことを仕事にしている?

スティーブ・ジョブズは初めからAppleアップルを設立しようと考えたでしょうか。コンピュータが好きだったでしょうか。

じつはジョブズはコンピュータよりも、宗教やスピリチュアルといった哲学分野が好きでした。
ノープランでとっさに海外まで足を運ぶほど哲学の類に興味をもっているのです。

ここでもし、好きなことを仕事にしていたらジョブズは思想家になっていたことでしょう。
しかしジョブズはIT経営者ですね。

また、ナポレオンは小説家を目指し、ゴッホは聖職者を希望していました。
しかしナポレオンは軍人、ゴッホは画家ですね。

(ゴッホは聖職者になれなかったため画家を目指したとも言われています)

歴史に名を残す人たちでさえ、好きなことを仕事にしていないことが分かりました!

一方で、自分の好きなことを仕事にしている人がいることも考えられます。
しかし、「好きを仕事にすることは必ずも幸福とは言えない」と「科学的な適職」は指摘しています。
(仕事選びの幻想④「楽かどうかで仕事を選ぶ」で後述)

適合派と成長派を比較した実験結果

また仕事選びの幻想として、「好きな事を仕事にする」が根拠として挙げられる実結果があります。

自分の好きなことを仕事にする人を「適合派」、今の自分の仕事を好きになろうとする人を「成長派」として、比較した実験結果があります。

これによると、適合派は理想が膨らみすぎたり、長続きしないという傾向が表れました。その一方で、成長派はトラブルに強くなるという傾向が表れたのです。

【適合派】【成長派】
特徴自分の好きなことを仕事にする今ある自分の仕事を好きになろうとする
傾向理想が膨らみすぎたり、長続きしなかったりするトラブルに強くなる

参照:「科学的な適職」

「科学的な適職」は幸福になるための理想として、「成長派」にみられるトラブルに強い精神性は重要な要素だと主張しています。

Ads by Google

仕事選びのときに捨てるべき幻想
(その2)お金で仕事を選ぶ

書籍「科学的な適職」における仕事選びに捨てるべき幻想「お金で仕事を選ぶ」イメージ

仕事選びのときに捨てるべき幻想②は、「お金で仕事を選ぶこと」です。

「お金で仕事を選ぶと幸福感は満足に得られない」と「科学的な適職」は主張しています。
ここでは「給料と満足度の相関関係」とそれが何を表しているのかを要約しました。

「給料と満足度の相関関係」

給料と満足度を数値化し、それぞれの関係性を求めた結果。

数値1が完全一致を表すとき、数値0.5以上であれば関係があるとみなされ、数値0.15になるとほとんど関係しないという傾向が現れました。

参照:「科学的な適職」

 「給料と満足度の相関関係」は何を表しているのか

  • 年収が倍に増えても、幸福度は決して倍に増えない
  • 年収400万円からの幸福度アップは難しい
  • 年収400万から800万へは、ゆるやかなさかのようにしか幸福度は上がらない
  • 年収800万円を超えると幸福度はほぼ変わらない
Ads by Google

仕事選びのときに捨てるべき幻想
(その3)伸びる業界や業種で仕事を選ぶ

書籍「科学的な適職」における仕事選びに捨てるべき幻想「これから成長する業界や業種で仕事を選ぶ」イメージ

仕事選びのときに捨てるべき幻想③は、「伸びる業界や業種で選ぶこと」です。

どんな専門家でも「伸びる業種が何かはわからない」と言われています。
その理由として、ペンシルベニア大学の実験で行われたデータがあります。

学者や評論家を数百人集めて、3〜5年目先の経済状況の予測を毎年行いました。
その結果、未来の経済を当てた割合人数は約50%となりました。

参照:「科学的な適職」

伸びる業種が何かを特定することは、専門家でも2分の1の確率でしか推測できないという結果となり、素人が予測するのと何も変わらないことが判明したのです。

仕事選びのときに捨てるべき幻想
(その4)楽かどうかで仕事を選ぶ

書籍「科学的な適職」における仕事選びに捨てるべき幻想「楽かどうかで仕事を選ぶ」イメージ

仕事選びのときに捨てるべき幻想④は、「楽かどうかで仕事を選ぶこと」です。

例えば「指示するだけで1日の仕事を終えられる経営者」」は、一見は楽そうに見えますが、必ずも幸福ではないと「科学的な適職」は主張しています。

その理由は次の項目、「幸福には適度なストレスが必要」で解説しています。

「仕事選びの幻想」が他にも気になる方は「科学的な適職」を参考にしてみてください!

幸福には適度なストレスが必要|科学的な適職

書籍「科学的な適職」より、自分に合う難易度を達成して幸福を得ているイメージ

幸福には適度なストレスが必要だと「科学的な適職」は主張しています。

そのことを理由に挙げられる「難易度と技術の関係」を見ていきたいと思います。

難易度と技術の関係
  1. 高い難易度に低い技術の人が当たれば「不安」が生じる
  2. 低い難易度に高い技術の人が当たれば「退屈」が生じる
  3. 低い難易度に低い技術の人が当たれば「無気力」が生じる
  4. 難易度が自分の技術に相当するとき「やる気」が生じる

これによると、楽かどうかで仕事選びをするのではなく、自分に合う難易度の仕事が幸福の要素である「やる気」をもたらすことが判明したのです。

参照:科学的な適職

先程にもあった「指示するだけで1日の仕事を終えられる経営者」は、幸福ではなく「退屈」がもたらされているのです。

次に重要なのは、幸福度を決める要素「七つの徳目」です

Ads by Google

七つの徳目|科学的な適職

「科学的な適職」では、適職の定義を「幸福度が最大にされる仕事」とされており、仕事の幸福度を決める要素として「七つの徳目」が紹介されています。

【 七つの徳目 】
  1. 自由・・・自分が自由にできる権利はどれくらいあるか
  2. 達成・・・自分が進歩している感覚があるか
  3. 焦点・・・スピード重視派? or リスクを避ける派?
  4. 明確・・・仕事内容が明確かどうか
  5. 多様・・・業務内容はバラエティに富んでいるか
  6. 仲間・・・自分と似た人が多いか
  7. 貢献・・・他人の生活に影響を与えているか

職場において、「七つの徳目」が達成されるほど幸福度は上がります!

それでは最後に、「七つの徳目」を活用して適職を探す方法「マトリクス分析」を押さえていきたいと思います。

七つの徳目を活用しよう「マトリクス分析」

適職を選ぶときは、「七つの徳目」を活用して自己分析ができる「マトリクス分析」が役立ちます。

マトリクス分析とは、「七つの徳目と職場の関係性」を表に書き出して、自分に合う職場かどうかの点数をつけるといったものです。

今回は例として「入社先を選ぶ場合」とします。
次のような表を作り、以下を参考に点数を記入して空白を埋めていきます。

  /重要度ABC
自由    
達成    
焦点    
明確    
多様    
仲間    
貢献    
合計 (=)    

 マトリクス分析「点数の付け方」

  1. 基準
    就業先や調べた情報を基にして、「七つの徳目」に当てはまるほど高く点数を記入します。(5段階で点数をつける)自分で感じた程度でOKです。
  2. 比較対象
    上の表のように「A社、B社、C社」と表の一番上の欄に横並びで比較対象を記入します。
  3. 重要
    「七つの徳目」のなかで、自分にとって重要だと思う項目に高く点数をつけます。(3段階で点数をつける)

(記述例)
「自由のある職場」が自分に必要だと思う場合は、「自由」と「重要」が交差した空欄に「3」と書き込む。
また、「業務内容のバリエーション」は自分に必要ないと思う場合は、「多様」と「重要」が交差した空欄に「1」と書き込む。なお、自分に必要な要素か分からない場合は「2」と書き込む。

以上を参考にして表を完成させた後、点数を合計します。
合計の算出方法は「基準×重要=合計」です。

意外と簡単でした!実際に表を作ってみてください!

一番高い点数の項目が自分に最も適していることになります。

【要約まとめ】科学的な適職

今回ご紹介しました「科学的な適職」の要約まとめです。

「科学的な適職」まとめ
  1. 仕事選びの幻想 に気付いて捨て去る
  2. 【七つの徳目】を参考にする
  3. マトリクス分析 によって算出した最も高い数値が適職となる

「科学的な適職」では、適職を科学的に見つけるポイントが紹介されていました。

適職を算出して自分を客観的に知ることができる「マトリクス分析」は、軍隊の意思決定にも使われている手法でかなりの効果が見込まれています。

いろいろと応用に使えそうですね!

「科学的な適職」著:鈴木祐
10万本もの科学論文を読破され、600人以上の学者や海外の専門家へインタビュー経験があるサイエンスライター